引用元:前スレ:後味の悪い話 その149

615: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 21:39:28.29 ID:AbXMXjJT0.net
銀河鉄道999の1エピソード「二重惑星のラーラ」
999号は住民はすべて機械化人間で
生身の人間は一人もいないという星に降りる。
生身の人間である事がばれると何をされるかわからないから
999号から出ないようメーテルは勧めるが
鉄郎は興味本位から外に出ることにし、メーテルもそれに付き合う。

レストランを見つけた二人は中に入るがメーテルのミスで
居合わせた客達に自分らが生身の人間だとばれてしまう。
客達は「失せろ野蛮人が!」と鉄郎を袋叩きにする。
メーテルも襲われ殺されそうになるが、
怒った鉄郎が客を全員射殺してしまう。

レストランを出た直後メーテルは気分が悪くなり倒れる。
鉄郎は助け起こそうとするがそこへ車が飛び込んできて二人をはねてしまった。

気が付いた鉄郎とメーテルは病院のようなところで寝ていた。
車を運転していた女はラーラと名乗り、
自分は医者で運んで手当てをしたのだと言う。
二人が生身の体だと知ったラーラは鉄郎の体が欲しいと言い、
無理やり体を取り換えてしまった。
ラーラは機械の体に飽きてしまい、生身の体になりたいと思っていたのだった。

鉄郎の体となったラーラはメーテルを連れ出し999号へ向かう。
メーテルも相手が鉄郎の体なので手出しが出来ない。
ラーラの体になってしまった鉄郎は二人を追うが
家に閉じ込められ火をつけられ殺されそうになる。
何とか脱出し二人に追いついた鉄郎はラーラを説得し体を返すよう頼む。
説得が通じ、ラーラは鉄郎に体を返すため知り合いの医者の所へ行く。
しかしその医者も「私も生身の体が欲しい!」と言い出し
メーテルの体を奪おうとする。
ラーラも裏切りメーテルに襲いかかった。

メーテルは「命をもて遊ぶこんな星など滅びればいい!」と怒り、
ラーラと医者を返り討ちにし、医者を脅して鉄郎を元に戻させた。

999号の発車時刻が迫り、鉄郎が一人で帰ってくる。
メーテルは遅れて帰ってきた。
ちょっと用事を済ませてきたとメーテルは言った。
999号が星を離れた直後、星は爆発し消滅してしまった。
星のエネルギー制御装置の事故だとメーテルは言うが
鉄郎はもしかしてメーテルが?遅れてきたのはこのため?と思うのだった。

確かにレストランの客やラーラ達はクズだけどだからといって
無関係の住民たちまで根こそぎ滅ぼしてしまうのはどうなんだよとモヤモヤした。

【  他の記事も見る? 】